上のビデオを見て、グループやメンターと話し合ってみましょう。 もっと詳しく知る。

それは神と政府になると、多くの混乱と多くの悪い考えがあります。

キーポイント:

  • 政府に対するイエスの見解。 イエス様は、私たちの最大の忠誠は神だけに属していますが、神によって統治された体に与えられる影響範囲があると教えています(Matthew 22:21-22)。
  • 悪い考え#1:政府は信じるべきことを教えてください。 神は誰かが彼に従うよう強制されることを望んでいません。
  • 悪い考え#2:政府は信仰を止めるべきです。 キリスト教徒として、誰にでもイエスを強制することなく、イエスに従う方法を学ばなければなりません。
  • 悪い考え#3:政府は価値がない。 イエスは政府が無益だとは言わなかった。 むしろ、彼は個々の政府がその目的を果たしていなくても、神が政府に目的を与えていると教えていました。
  • 神は彼の目的のために政府を使用します。 聖書は、政府が世界で自分の目的をさらに進めるために使用する道具であることを示しています。

これは引用:

Matthew 22:21-22「さあ、カエサルに所属するものをカエサルに渡して、神に属するものを神に捧げる」と彼は言った。彼の返信は彼らを驚かせ、彼らは去った。

関連項目: 文化, 政府機関, 政治

それについて話します
  1. このトピックへのあなたの最初の反応は何ですか? 何があなたに飛び出したの?
  2. Matthew 22:21-22を読んでください。 この節でイエスは何を意味しましたか?
  3. 人の信仰は政治においてどのような役割を果たすべきですか?
  4. 神はどのように腐敗した政府や指導者を彼の目的のために使用するでしょうか?
  5. 神がキリスト教徒が政治において果たすことを望んでいると思いますか?
  6. この会話に基づいて個人的な行動ステップを書く。