質問に移動する

このトピックは、 イエス・ルネッサンス YouTubeチャンネル。

神様は私たち全員を多様な人生に召しました。 彼は人種、社会的地位、所得、年齢にかかわらず、私たちひとりひとりが皆に歓迎されることを望んでいます。

黙示録7:9 この後、私は、王座の前と子羊の前に立っているすべての国民、部族、人々と言葉から、数えきれないほどの大きな群衆を見ました。

この節で提示されたイメージは、天国のビジョンです。 神の国は、あらゆる生き方の人々で満たされます。 私たちの生活はこのイメージをモデル化するべきですが、しばしばそうしません。 今日、私たちは、私たちの関係で意図的に多様化し始めることができるいくつかの方法を見ていきます。

意図的に不快になる

多くの場合、デフォルトは快適なものの一部になることがあります。 これには、私たちが働く場所から私たちが食べる場所までの人生のあらゆる側面が含まれます。 しかし、イエスは私たちに慰めの生活を呼び出されていません。 彼は自分の王国を成長させるために私たちの快適ゾーンから脱出するように私たちに電話しました。 イエスを例に挙げてみましょう:彼はホームレスだった、彼は馬鹿げた、彼は罪人と時間を過ごし、彼は殴られ、最終的に彼は殺されました。 イエス様はパリサイ人と一緒に人を判断するのは簡単に過ごすことができたかもしれませんが、信仰で踏み出して快適ではないことをしました。 キリストの体としての私たちの呼びかけは、民族文化ではなく、あらゆる色、形、年齢、言語、性別、所得水準などの教会でなければなりません。

あなたは誰ですか?

私たちは皆、私たちが誰であるかは誰にとっても共通でなければならないという考え方を持っています。 私たちと私たちの友達と違う人に出くわすと、彼らは変わったと思う。 あなたが物事をしたり、物事を見る方法が、人生を送る唯一の方法ではないことを理解しなければなりません。 人々が話す言語、食べる食べ物、または友人や家族との関係などの単純なことは、単にいつもそうしてきた人々によって「正常」とみなされます。

異なる人との関係を維持する

それを必要とする人々に奉仕するのはすばらしいことですが、ただそこで止まらないようにしてください。 その奉仕の時間を残さず、それを振り返ってはいけません。 あなたが神からの召しを感じているなら、あなたは自分自身を自分の世界に置き、ただ一回以上働くことを望むべきです。 これはチェックリストに印を付けるだけのものではありません。 私たちは、私たちが彼らをキリストに連れて来る努力をしている間、永続的な関係を築くべきです。

意図的に人間関係が多様であることは、私たちに求められていることです。 真に神の王国をモデル化するためには、人種、性別、年齢、その他の要因にかかわらず、すべての人との関係にある必要があります。 より包括的で、あなたが喜んで関連付ける人々になると受け入れるために、あなたの人生でいくつかの措置を講じてください。 イエスはやった。

ディスカッションの質問:

  1. 一緒にビデオを見たり、トピックを要約するように誰かを招待したりしてください。
  2. この動画の最初の反応は何ですか? あなたはそれに同意しますか? 何があなたに飛び出したの?
  3. 1-10の規模で、あなたは多様化した友情にいかがでしたか?
  4. あなたが「正常」と考えるものは何ですか?これらのことは、他の人々や文化にとってどうして「正常」ではないのでしょうか?
  5. ガラテヤ人の3:27-29とコロサイ人3:11を読んでください。 多様性に対する神の見方は何ですか?
  6. この会話に基づいて個人的な行動ステップを書く。