上のビデオを見て、グループやメンターと話し合ってみましょう。 もっと詳しく知る。

自己否定は、私たちに神への真の満足の追求を教えています。 ここで牧師のジョン・パイパーの詳細をご覧ください。

キーポイント:

  • 私たちは十字架を持ち、イエスに従わなければなりません。なぜなら、私たちは神にあまりにも多くの喜びを抱くからです。しかし、私たちは神で十分な喜びを味わっていないからです。 私たちの自己価値と喜びと欲望は、地球上の「宝物」で見つけられます。「蛾と錆」は最終的には何ももたらされません。
  • 私たちは自分自身の死の必要性を克服することは決してありません。 キリスト教の人生は信仰の「長いレース」(1 Corinthians 9:24-27)であり、イエスが神の前に立つまでは完全ではない生涯のプロセスであるようにますます作られています。
  • 私たちの喜びは、「蛾と錆」がそれを破壊できない天国に最終的に位置しています(Matthew 6:19-21)。 私たちはこのように生きなければなりません。
  • この世のものに気を取られ、一時的なことで私たちの喜びを見つけるために徐々に気をそらすのは簡単です。 私たちが警戒していなければ、良いものでさえ私たちの偶像になることができます。 私たちは愛する人々をあまりにも恐れてはいけません。私たちのコミュニティについてあまり気にしないでください。また、人生の簡単な快楽を楽しむべきです。 しかし、これらすべてのことは、喜びを定義する堅牢で生涯にわたる神との関係に常に二次的または三次的でなければなりません。

これは引用:

Mark 8:34それで、群衆に弟子たちと一緒になるように呼びかけて、[イエス]は言いました。

関連項目: キリスト教の生活, 喜び, 霊的成長

それについて話します
  1. このトピックへのあなたの最初の反応は何ですか? 何があなたに飛び出したの?
  2. 「世界の喜び」は、あなたが神の中であなたの究極の喜びと意味を見つけるのを妨げているのでしょうか?
  3. あなたの人生で毎日「自分自身に死ぬ」のはどのように見えますか? どのようにしてあなたはまだ「あなたの十字架を取る」ように働いていますか?
  4. 他の人たちがどのように十字架を取るのを助けることができますか?
  5. ジョン・パイパーはクリスチャン・ヘドニズムの彼の教義について有名に言っています:「私たちが彼に最も満足しているとき、神は最も栄光を受けています」。これはどういう意味ですか? あなたはそれが本当だと思いますか? 説明しなさい。
  6. あなたは今日の話題に基づいて取る必要があるステップはありますか?