上のビデオを見て、グループやメンターと話し合ってみましょう。 もっと詳しく知る。

流産や幼児死亡を経験した人は、そのような喪失の痛みと悲しみを知っています。 しかし、その子どもたちが天国にいるという考えで私たちは安心できるのですか?

キーポイント:

  • イエスが善であり、善をもたらす方法を知っているという立場から始めることが重要です。 (Matthew 7:7-10)過去に、子宮の外で一度も息を吸い込んだことがない子供や、神が誰の神の恵みの範囲外にいるかを理解する年齢に達することは想像するのは難しいでしょう。
  • 詩を通して、それは神が誰であるかについて語っています - 彼は善であり、彼は忠実で慈悲深いです(詩編136:1:145-8)。 ですから、状況にかかわらず、神は不当であったり不公正であったりすることはできません。
  • 私たちはみな罪を持って生まれています。 (詩編51:5)
  • もう一つの神学的考察は説明責任の年齢があるかどうかです。 13歳の時のBar Mitzvahが目印になるかもしれないと信じる人もいます。 または、それは人が戦争に送られることができる年齢かもしれません。 真実は、それが聖書の中で明確ではない、そしてそれは理由のためかもしれません。 (申命記29:29)
  • 2 Samuel 12:22-23にあるDavidの言葉を見れば、赤ん坊を再び見逃すことになるという約束を見ている人もいます。

これは引用:

詩篇136:1 おかげさまで 彼はいいから! 彼の忠実な愛は永遠に続きます。

関連項目: 永遠, 子育て

それについて話します
  1. このトピックへのあなたの最初の反応は何ですか? 何があなたに飛び出したの?
  2. 詩篇136:1を読んでください。 あなたは神が善であると信じますか? それがあなたにとって何を意味するのか説明しなさい。
  3. 「説明責任の時代」があると思いますか? なぜ、なぜそうではないのですか?
  4. 「赤ちゃんは天国に行くのですか?」あなたはこの質問を悲しみの中で尋ねる友人にどのように答えますか?
  5. あなたは今日の話題に基づいて取る必要があるステップはありますか?