質問に移動する

このレッスンは、日の#13から 章の日の聖書の読書計画 から 365聖書 YouTubeチャンネル。

最後の晩餐

ジョン13でイエスは信じられないほどのことをします。 それは彼が彼の弟子たちと分かち合う最後の食事であり、彼は起きて足を洗い始めます。 これは単なる奇妙なことではなく、彼らの文化に完全に屈辱を与えていました。 最も低い従業員だけが家の中の客の足を洗うだろう。 イエスは弟子たちにはっきりとしたメッセージをお送りしていました。あなたが偉大になりたいならば、喜んで奉仕する必要があります。

ジョン13:15 私はあなたに例を挙げました。 私があなたにしたようにしてください。

これがイエスについて何を言っていないのか

この通過のポイントを誤解しないでください。 これは、イエスが弱いと言っているわけではありません。 イエスは神でもなく、究極の者でもなく、宇宙の創造者でもないということではありません。 私たちは彼が存在していたことを知っています。 奉仕する意欲は、弱さの認定ではありません。 実際には、イエス様は偉大な強さと安全保障がそのような謙虚さに晒されていることを実証しています。

これがイエスについて何を言っているのか

ここにポイントがあります。 イエス様は神様であり、その性格の中心に愛と恵みがあります。 神は贈り主であり、私達もそうでなければなりません。 私たちがイエスに従っているなら、私たちはしもべに従っています。 実際、イエスは自分の全省を総括して、召使としての役割を説明しました。

マーク10:45 人の子も奉仕するのではなく、他の人に仕え、多くの人の代償として人生を送るようになったからです。

召使いの姿勢はキリスト教徒にとってはオプションではない。 神が私たちに他の人の中で行動することを望んでいることの中心にあります。

ディスカッションの質問:

  1. 一緒にビデオを見たり、トピックを要約するように誰かを招待したりしてください。
  2. この動画の最初の反応は何ですか? あなたはそれに同意しますか? 何があなたに飛び出したの?
  3. あなたが目撃した召使いであるという最も強力な例は何ですか?
  4. しもべの態度はどのように力を発揮しますか?
  5. 私たちが常に召使いの姿勢を持つことを妨げるのは何ですか?
  6. どのようにあなたの省庁のチームの中で奉仕を促進することができますか?
  7. この会話に基づいて個人的な行動ステップを書く。