Sermonlinkシリーズ

良い場所

あなたが永遠について信じていることは、あなたが今日生きる方法を決定します。

ナビゲーションヘッダーの 詳細はこちら このシリーズに関連するpursueGODnetwork.org説教者のリソースのために。


シリーズのダウンロード:

トピック#1

死はクリスチャンをイエス様の前に連れて来る新しい種類の存在を始めます。

キーポイント:

  • 死は存在の終わりではありません。
  • 死は、私たちがイエスを選ぶことも拒絶することもできなくします。
  • 死はイエスの中で終わりを迎えます。
説教記事

ある時点で、誰もが死に導かれます。 ペットが死んだときに起こることがあります。 それは祖父母の死かもしれません。 そして年齢に関係なく、誰もが死について疑問を抱いています。 彼らが死んだ後に人々に何が起こりますか? 人々はより良​​い場所に行きますか? ありがたいことに、聖書は私たちに死後の人生の明確で権威のある絵を与えてくれます。

死は存在の終わりではない

多くの人々は死が人の存在の終わりであると考えています。 しかし、そうではありません。 聖書は、すべての人が死後に生きると言っています。 棺桶の中で人の体を見ると、これで終わりのように見えますが、聖書には見えないことが起こっていると書かれています。 死は新しい種類の存在の始まりです。 死は単に肉体と人の精神の分離です。

伝道者12:6-7はい、あなたが若いうちに、今あなたの創造主を覚えていてください。 水瓶が春に粉砕され、滑車が井戸で壊れるまで待ってはいけません。 それから塵は地球に戻り、精神はそれを与えた神に戻ります。

死と同じように、それは人類に対する神の当初の意図ではありませんでした。 死は人間の罪深さの結果です(1コリント15:21)。 神が死を敗北させる必要がある敵とみなすのはこのためです(1コリント15:26)。 死から人類を引き出すことができるのは神だけです。

死は私たちのイエスを選ぶまたは拒絶する能力を終わらせる

ほとんどすべての人が後悔しています。 ほとんどの人は、自分たちにできることを望んでいるという決断を下します。 人生の失敗のいくつかを元に戻して、より良い選択をすることができればそれは素晴らしいことです。 それでも、人生はこのようには働きません、そして地球上の人生もまた、神についての選択をする私たちの能力の終わりです。

ヘブライ語9:27そして、一人一人が一度死ぬように運命づけられているように、それから判断が来ます。

この聖句は、この人生がイエスを受け入れるか拒絶する人の唯一の機会であることを明白にしています。 彼らが死んだ後に誰も二度目のチャンスを得ることはない。 あなたはあなたの罪を解くことはできません。 この人生における人の選択は彼らの永遠の運命を決定します。 これが、あなたが永遠について信じることが今日のあなたの人生の生き方を決定する理由です。

死はイエスの終わりを迎える

死は避けられない、しかし聖書は死の真っ只中に希望があると説明している。 葬儀では、人々はしばしば慰めているが不安定な基盤の上に構築されていることを述べるでしょう。 聖書は、しかし、死の真っ只中に希望のための強固な基盤を提供しています。

1コリント15:54-57それでは、私たちの死んだ体が決して死なない体に変わったとき、この聖書は成就されるでしょう。 O死、あなたの勝利はどこにありますか? 罪は死をもたらすものであり、律法は罪にその力を与えています。 しかし、神に感謝します! 彼は私たちの主イエス・キリストを通して私たちに罪と死に対する勝利を与えます。

この箇所の希望は復活と死後の生活です。 人間の罪深さは死につながります。 イエスの死と復活を通して、罪の赦しと永遠の命はキリストへの信仰によって可能になります。 これは死に直面して大きな希望につながるはずです。 クリスチャンは死の状況を恐れているかもしれませんが、死後に起こることを恐れている必要はありません。 死はただ神への扉です。

深く掘る

関連用語

「死」のギリシャ語は ありがとう (θάνατος) ヘブライ語は[名詞] マーベット (マケドニア語)または[動詞] むーたん (より).

死の起源について

神学者たちは死がいつ創造物に入ったかについて完全に合意していません。 創世記2-3は、アダムとエバが、彼らが神の一つの命令に従わなかったのでなければ、個人的に死を経験しないであろうことを意味します。 ローマ人へのパウロの論理8:18-25は、すべての被造物が罪と死の結果を被ったことを示唆しています。 黙示録は、神が世界を贖い、永遠に悪に終止符を打つと、死そのものが破壊されると約束しています(黙示録20:14)。

人間の死はアダムとイブ(創世記3:3)から始まったことは誰もが同意しますが、他の人たちはアダムとイブが罪を犯す前に動物が死んだと主張します。 他の人は、神がアダムとイブが食べることを許した植物は、消費されるために「死ぬ」必要があったと指摘します、しかしこれは聖書的な意味での肉体的「死」が何を意味するかという問題を引き起こします。意識の停止(これは植物を除外します)、あるいはその両方? この質問は少なくとも聖アウグスティヌス時代(354-430 AD)以来議論されてきた。

この問題の多くは、地球の年齢と創造の説明がどのように解釈されるべきかという問題を巡っています。 化石の記録は、動物が何百万年もの間生きていて死んだことを示しています、それでは、どうしてアダムとイブの前に死がなかったのでしょうか? その一方で、死は存在していたが秋の前に拘束されていたが、それはアダムからキリストまで「統治した」(ローマ人の5:12-21)ということもあり得る。 エリクソンは、死は人間の状態にとって「不自然な」と主張している。キリスト教神学、2nd AdamとEveは「条件付き不死」を持っていました - それらは技術的に致命的でしたが、彼らがTree of Lifeから絶え間なく食べることができる限り、彼らは決して死ぬことはありませんでした。 神はなぜ彼らをエデンから追放されたのでしょう。ですから、彼らは永遠のままの状態で永遠に生き続けることはできず、そうでなければ彼らに不死を与えたであろう木から食べます(創世記1177:3-22)。 命の木は黙示録24の償還された創造に戻る:22、2。 Ezekiel 14:47もご覧ください。

多くの通訳者は、死と罪は密接に関係していると主張しています(新約聖書の神学辞典、vol。 そして死は罪の帰結であり罰である。 しかし、これは罪とは別に死の可能性を完全に排除するのでしょうか(15コリント1:15-21; 22-44)。

転倒前の死の存在についての議論は、以下を見てください。 ファロ、イングリッド。 "秋の前に悪と動物の死の質問、" トリニティジャーナル、36 / 2(2015)、193-213。 [注:このリンクされた記事のヘブライ語は後方にレンダリングされています。 左から右に書かれたものは、代わりに通常のヘブライ語の用法に従って右から左に読むべきです。]

存在は永遠に終わりますか?

すべての正統派のキリスト教神学者は、まだ起こっていない判断に復活がなければならないので、肉体的な死は人間の存在の終わりではないと同意します(ヘブライ語9:27)。 神学者が同意しないのは、人間の精神が神によって創造され維持されてきたという理由で永遠であるかどうか、あるいは永遠がイエス・キリストによって贖われた人々への恵みの贈り物であるかどうかです。

地獄についての「伝統的な」見解 - それは非クリスチャンの霊に対する永遠の意識的な苦しみである - を保持する人々は - その霊は神によって創造されることによってまたは神がそれを支えるから永遠であると信じる。 誰もが永遠に生きるでしょう、そして唯一の質問は次のとおりです。 この見方では、すべての人間の精神には出発点があり、彼らには終点がありません。

「条件付き」の見方をする人々は、霊の永遠性は神の救いの恵みに基づく「条件付き」であると信じています。 彼らは、すべての人間の霊は出発点を持っているが、クリスチャン以外の人の霊は本質的に神によって永遠に/維持されているのではないと主張します。 判断の後、神は火の湖でキリスト教徒でない人々を滅ぼし、彼らは存在しなくなります。 見る: TDNT、 vol。 III、p。

この問題は、地獄の教義を周回するThe Good Place #2のより深い掘り下げたメモでさらに議論されるでしょう。

信者でない人が死後に救われる可能性はありますか?

西欧社会がその多くのユダヤ教 - キリスト教のルーツから遠ざかるにつれて、一般的に親切で遵法的な人々が天国に進まないという考えは多くの人にとって不快になり、考えられてきた アプリオリ 聖書の神が存在しないこと、あるいは聖書以外の神の概念が存在することの証拠。

煉獄

私たちの文化の中でよく知られ人気のある考えは煉獄のローマカトリック教の教えです。 煉獄は、 胎心罪 彼らが天国に入ることを許される前に、人々の多くは罰を通して彼らから追放されます。 この教義の最も明確な証明は、Thomas Aquinas(1225-1274 AD)で始まりますが、Tertullian(155-240 AD)という主張の中には、この見方に対する早期の信念を暗示するものもありました。

煉獄が信じられるべきではない4つの理由は以下のとおりです。

  1. 煉獄の存在はそれに対する誰かの信念には依存しません。 たとえ他の分野で大きな貢献をした重要なクリスチャン神学者がその見解を保持していたとしても、あるいはそれが歴史の初期の間に信じられていたことを暗示したとしても(必ずしもそうではない) かもしれません の場合)、これはビューを正しくしません。 正しくないかもしれません。
  2. 煉獄は聖書の概念ではありません、そしてそれ自体 - あるいはそれに近い言葉 - が聖書に登場することはありません。 カトリック学者は、煉獄の考えを支持するためにマシュー12:32および1コリント3:15のような詩に目を向けますが、聖書の証拠はこれらの詩の中の煉獄の初期の概念を見るために広げられなければなりません。
  3. ローマカトリック教徒の学者たちが嘆願書を最もよく支えていると訴えているのは、 2マカビー12:43-45。 このテキストは長い間 カトリック聖書、それはの一つとして受け入れられたことがない プロテスタント聖書の六十六冊の本。 それでも、2 Maccabees 12:43-45は煉獄の教義を直接教えているのではなく、むしろ似たようなものを教えています 〜へ それ。 (見る: 1-2 Maccabeesの本は何ですか? gotquestions.orgにあります。)
  4. 煉獄の概念は、作品/服従に基づく救済に基づいています。 これは、より広い間の意見の相違 カトリック教徒とプロテスタント。 人間の魂が第三の霊的領域で彼らの罪の代価を払わなければならないというまさにその示唆は、救いはキリストのみによって信仰によってのみ恵みによってではないと仮定しています。 「恵みのみ」の枠組みは、煉獄を完全に棄却しなければなりません。

煉獄は聖書だけから推定できる概念ではありません。 それを支えるためには、伝統、哲学、あるいはさらなる啓示への信念に目を向けなければなりません。 これは、その権威が(1)聖典にあると主張しているローマカトリック主義にとって問題ではありません。 (2)教会の伝統 (3)教皇当局。 究極の霊的権威として聖書だけを信じるプロテスタントにとって、煉獄は主張できません。

LDSのコンテキスト

末日聖徒イエス・キリスト教会は、忠実な末日聖徒が代行して行った神殿の働きのおかげで、非モルモン教徒が肉体的な死後に福音を受けることができると教えています。

煉獄と同様に、これは聖書から推定することができない見解です。 この見方を受け入れるためには、LDS教会の指導者が神に代わって話し、働く権威を持ち、過去のLDSの預言者が彼らの著作の中でこの権威の中で共有していると考えなければなりません。 この権威を受け入れるには、LDSの聖典、過去の預言者などについての他の多くの議論に参加する必要があります。

究極の霊的権威として聖書だけを信じるプロテスタントにとって、死後の儀式を救うことの有効性を受け取るというLDSの見解は支持できない。

結論

聖書から、死後、私たちはもはやイエス・キリストに従うことを選ぶことができないことは明らかです。 私たちが回復された天と地で神とキリストと共に永遠の命を受け継ぐためには、私たちはすでに死の時までに私たちの信仰をキリストに置いていなければなりません。 この問題に関するさまざまな見解は、必然的に聖書の外から来ているに違いありません。

それについて話します
  1. このトピックへのあなたの最初の反応は何ですか? 何があなたに飛び出したの?
  2. 最初の葬儀にはいつ出席しましたか。 当時の葬儀について考えたことを覚えていますか?
  3. あなたは死後の人生を信じて何を育てましたか?
  4. 私たちが死んだ後に何が起こるのかを無視して人生の大部分を生きるのはとても簡単だと思うのはなぜですか?
  5. 1コリント15:21を読んでください。 聖書によれば、死因は何ですか? これは死の見方にどのような影響を与えますか?
  6. ヘブライ語9:27を読んでください。 この聖句は、この世の本質や、神とどのように対処しているかについて私たちに何を教えていますか。
  7. 1コリント15:54-57を読んでください。 死に直面しているクリスチャンの希望を説明してください。
  8. クリスチャンとして、死を見るための正しい方法は何ですか?
  9. 永遠を念頭に置いて生活するためにしたいと思う1つの変更は何ですか?
  10. 今日の話題に基づいてとるべきステップはありますか?

トピック#2

地獄は本物です、そして、神はあなたがそこに行くことを望みません。

キーポイント:

  • 地獄は理由で存在します。
  • 地獄はあなたが思うより悪いです。
  • 神は誰もが地獄に行くことを望んでいません。
説教記事

地獄について話すのは簡単な話題ではありません。 教会でさえそれについて話すのを避ける傾向があります。 しかし、研究は、人々が本当に地獄について話したくないとしても、ほとんどの人がそれを信じていることを示唆しています。 そして人々は地獄を信じているだけでなく、彼らは実際にそれを心配しています。 真実は、地獄は現実の場所であり、イエスはそれについてはっきりと話しています。

マシュー7:13-14狭い門から入ります。 広いのは門であり、広いのは破壊へと導く道であり、そして多くはそれを通って入る。 しかし、門は狭く、命につながる道は狭くなっています。

地獄は理由がある

地獄は神の義と彼の完全な正義の目的のために存在します。 聖書は、罪は私たちを神から引き離し、その罪に対する罰は永遠の死と神からの引き離しであると言っています。 しかし、神は私たちをとても愛しておられるので、神は私たちが私たちの罪を赦されるための道を築いたのです。 彼は私たちの罪の罰を受けるためにイエスを遣わしました、そして私たちがイエスを信頼するならば、私たちは赦され、神と共に永遠に過ごします。 彼らのためにイエス・キリストの犠牲を拒んだ彼らの罪の中で死んでいる人々と義に対処するために神のために地獄が存在します。 地獄は、彼を拒絶した人々が主から切り離された永遠の破壊に永遠を費やす場所です。

2テサロニケ人たち1:8-9(NIV)彼は、神を知らず、主イエスの福音に従わない人たちを罰するでしょう。 彼らは永遠の破壊で罰せられ、主の臨在と彼の力からの栄光から締め出されます。

私達はまた、地獄が神がサタンと悪魔に正しく対処するために存在するのを見ます。 現代の信念に反して、サタンは地下に住む赤いスーツを着た熊手を持った男ではありません。 彼はすべての悪の具現化です。 彼は私たちの敵対者、誘惑者、私たちの敵、邪悪な者、泥棒と呼ばれています。 彼はすべての悪と罪の背後にいるものです。 神はいつかサタンを打ち倒し、悪を終わらせて彼を地獄に導きます。

黙示録20:10それから、それらを欺いた悪魔は、燃える硫黄の燃える湖に投げ込まれ、獣と偽預言者に加わりました。 そこに彼らは昼と夜を永遠に苦しめるでしょう。なぜ地獄が存在するのでしょうか?

地獄は私たちが考えるよりも悪い

何世紀にもわたって、人々は、地獄がどのようなものであり得るかについて多くの異なる理論を想起させてきました。 多くの場合、人々は地獄の重力を最小限にしようとします。 イエスは地獄を、激しい熱と破壊を伴う、言葉で表せないほどの苦しみ、苦悩、そして苦しみの場所であると説明しています(Luke 16:19-26)。 それがひどくなるように、地獄の最も悪い現実は永遠に完全で完全な神からの分離があるということです。 地獄に送られる人々にとって、彼らは完全に意識的であり、肉体的な痛みだけでなく、将来を変えることができないという後悔の痛みを意識しているでしょう。 地獄では、人々は完全な義と神の正義を非常に意識し、自分の罪深さと、彼らが神からどのように変わったのかを強く意識し、彼の息子、イエス・キリストを拒みます。 実際には、 私たちがこの世の間に神から離れて生きたいのであれば、神は私たちに永遠への願いを私たちに与えてくれるという理解があるでしょう。

新約聖書には、地獄についてもっと多くの洞察を与える聖句があります。

黙示録14:10-11…神の怒りのワインを飲まなければなりません。 それは神の怒りの杯に十分な力を注がれました。 そして、彼らは聖なる天使たちと子羊の存在下で火と燃える硫黄で苦しめられるでしょう。 彼らの苦痛の煙は永遠に続くでしょう、そして彼らは昼も夜も救済を与えないでしょう。彼らは獣と彼の像を崇拝し、彼の名前の印を受け入れたからです。」

マシュー8:12しかし、多くのイスラエル人 - 王国が準備された人たち - は、暗闇の中に投げ込まれ、そこでは歯のしだれとぐらつきがあるでしょう。

聖書によると、地獄は拷問と苦痛のない苦痛を伴うノンストップの永遠の炎となるでしょう。 それは私たちの聖なる神からの分離です。 それは、これ以上良くない、美しくない、もはや喜ぶことができない、希望がない、そして二度目のチャンスがない土地になるでしょう。 地獄は、多くの人が考えるよりはるかに悪いでしょう。

神は誰も地獄に行きたくない

神は言葉で表せないほどの愛と思いやりの神です。 そして、地獄が彼の正義を維持するために存在しなければならない間、地獄で彼から離れた彼の子供たちの考えは彼の心に痛みをもたらします。 それが地獄の考えになると今日社会のほとんどは神と苦労しています。 彼らがイエスを信じていなかったので、私たちが知っている人々が神から切り離されていると理解することは困難です。 これは私たちの社会が信じるものの根本的な内訳です​​が、私たちは実際には善い人ではありません。 本質的に、私たちは罪の性質を受け継ぎました。 彼は正直でなければ聖なることはできません、そして彼は正当であるので、彼は不正を罰する必要があり、彼は私たちの罪を罰する必要があります。 しかし、神はただだけではなく、愛でもあります。 そして神は愛に満ちているので、だれにも地獄へ行かせたくないのです。 実際、彼は私たちをとても愛しているので、彼はそれについて何かをしました。

ローマ人への手紙3:25-26神は私達の罪の罰を受けて私達に対する神の怒りを満足させるためにイエスを送られました。 イエスが自分の血を流され、私たちのために命を犠牲にしたと信じるとき、私たちは神と正しく結びつきます。 神は完全に公正であり、かつて彼がかつて罪を犯した人々を罰しなかった時でした。 そして、彼は完全に公正であり、罪人たちがイエスを信じているので罪人たちが自分の目の前にいると宣言する現在のちょうどその時にいます。

神は完全な正義を注ぎ出され、イエス・キリストに憤りを投げかけられました。 イエスが十字架で苦しんで死んだとき、彼は世界のすべての人の罪のために罰せられました。 彼はすべての人が許しを経験するための道を用意しました。 彼はすべての人に地獄の罰を免れる機会を与えます。 しかし、信仰によって救いの彼の申し出を受け入れることは私たち次第です。 私たちはそれを受けるに値するから、あるいはそれを稼ぐのに十分なことをしたから、私たちはこの許しを経験して地獄から逃れることはしません。 私たちは自分の立場で罰せられた者、イエス・キリストに信仰を置くことによってそれを経験します。 あなたがまだそれをしていないならば、あなたは今日それをしますか?

深く掘る

地獄の教義について

聖書の大部分は、設定された人または設定された目的のための設定された人に、そしてそのすべてが神の恵みと霊感によって偶然に書かれていることを覚えておくことが重要です。 聖書は、私たちが求めている質問に常に対処しているわけではなく、また最も便利と思われる形式で説明しているわけでもありません。 聖書には、私たちが地獄について知りたいと思うかもしれないことや、最終的な判断の教義について説明している「地獄の章」はありません。

他の重要なクリスチャンの教義(三位一体)と同様に、地獄の聖書の教義は旧約聖書と新約聖書(OT / NT)の両方から、そして異なる種類の文学(詩篇、福音書、手紙、黙示録など)から集める必要があります。そのうちのどれがそれらが読まれるべきであるかに影響するそれら自身の独特の特徴を持っています。 地獄の教義は、人間の本質(人​​類学)、神学的性質(神のようなもの)、最終的な判断(終末論)、およびその他の下位分野について教えている節から集める必要があります。

私たちは地獄についてのいかなる点でも他の人を排除することを証明する一つの特定の例を解釈してはなりません。 例えば、私たちは、金持ちとラザロのたとえ話が、地獄に関する他のすべての聖書の教えが判断されるべきレンズであると仮定するべきではありません。 実際、このたとえ話が地獄の教義にほとんど関係しないはずだと信じる多くの理由があります。 これについての詳細は下記をご覧ください。

Sheol、Gehenna、そしてHell

Sheol (ヘブライ語: שְׁאוֹל神が何人かの人々に対する判断の形として死を用いているのは事実ですが、原文の証拠はそれを示唆しています 羊毛 地獄に来るとき、私たちが考えるように、神の怒りの下にいる人々のための判断の場所ではありません。 むしろ、 羊毛 「墓」は、死のための広範な隠喩であり、正義と不義の両方が共存していた悲観的な地球です。 ギリシャ語 ハデス (δης)を使用して翻訳した 羊毛 の中に セプトゥアギンタ (LXX)そして、NTにおけるこのユダヤ人の概念の近似として役立つように思われます。 ただし、「死と復活の中間的な状況では、NTは明示的な情報を提供していません」(注)新約聖書の神学辞典、vol。 3、p.17) 聖書の神学の新しい辞書、pp.444、542-43は詳細について説明しています 羊毛 そして死と最終的な判断の間の「中間的な状態」という考え。 参照してください:アンソニーHoekema、 聖書と未来頁92-108。

ゲーエンナ (ギリシャ語: γεεννα; ヘブライ語: バカンス ダウンロード “ valley of of Hinnom”)は、火事や邪悪な者の判断など、私たちが地獄と通常関連付けるイメージの詳細を含みます。 それはゴミがほぼ一定の基準で集められそして燃やされた時と死体が時々投げられたところでエルサレムに近いヒンノムの谷であると広く信じられている。 イスラエルの古代の歴史の間に、それは人類の犠牲が聖書への敬意で行われた場所でした。 探偵のアンモナイト神、モレク. ゲーエンナNT時代までに、神の義の裁きと、邪悪な、探偵のことができることの破壊とに結びつくようになりました。 これは特にイエスの教えの場合でした。 参照:2キングス16:3。 21:6。 23:10。 イザヤ66:24。 ジェレミア7:32。 31:40。 マシュー5:22、29-30。 10:28。 23:15、33。 ジェームズ3:6。

一貫して難しい区別をつけることは困難です。 ゲーエンナ   羊毛 NTで。 EW Fudgeは、次のように述べています。 ハデス   ゲーエンナ 時には死者の居住地であり、時には最終的な処罰の場であり、ときには交換可能であり、ときには明確な消費する火、3rd 版、p.151)。 それは言った、 ハデス 一般的にはと同等です 羊毛それは「墓」です。 ゲーエンナ 私たちが考えているように、それは判断と破壊に関連していることが多いので、一般的に「地獄」を指します。

リッチ・マンとラザロ

Luke 16:19-31は、金持ちとラザロの物語を説明しています。 「地獄」の説明のために多くの人がこの物語に目を向けましたが、ハデス)これはお勧めできません。 この物語は現実の人々についての文字通りの出来事を説明しているのではなく、むしろ1世紀初頭に広まった人気のある物語に基づいて霊的真理を教えるために用いられた寓話であるという強いテキストによる示唆があります。 イエスはこの身近な物語を自分のたとえ話に変えました。 これらの点は、伝統主義者でも消滅主義者でもあります。

さらに、イエスがこのたとえ話で教えようとした霊的真理は「地獄」についてではなく、神の真理を拒絶することについてです(ルカ16:30-31)。 モーセと預言者を拒絶し、ひいては復活した男性の証言を最終的に拒絶する金持ちの兄弟たちを語るクロージングラインは、明らかに、パリサイ人によるよみがえられたイエスの拒絶への言及です(ルーク16:14)。モーセの律法と預言者たちを彼らの伝統で置き換えた。

クリスチャンは地獄の神学についての結論を引き出すためにこのたとえ話を使う際には注意を払うべきです。 それはたとえ話の目的ではありません、そしてその理由のために、地獄が実際にどんなものであるかの正確な反映であると推定されるべきではありません。 参照:EWファッジ、 消費する火、3rd 編、pp.148-54。 新約聖書の神学辞典、 vol。 XNUMX、pp.XNUMX − XNUMX。

地獄は何ですか?

天国、地獄、天使、悪魔についての大衆文化の考えの多くは、聖書が教えていることよりも伝統と未検証の前提に根ざしています。 悪魔は一般的に、熊手のある赤いレオタードの口ひげを生やした男と見られており、地獄は彼の卑劣なしもべが管理している地下の、燃えるような王国です。

地獄のようなものを正確に言うことは困難です。 gotquestions.orgから:「聖書は、実際には地獄についての詳細をほとんど示していません。 それはもともとは悪魔のような霊的存在を目的としたもので、人々ではないことを知っています。マシュー25:41) 地獄にいるという経験は燃えることと比較されます(マーク9:43; 9:48; マシュー18:9; ルーク16:24) 同時に、地獄は闇と比較されます(マシュー22:13)と激しい悲しみに関連付けられて(マシュー8:12)とホラー(マーク9:44)。 "

地獄についての大衆文化の考えは、聖書、民俗学、そして伝統の混合物です。 聖書には地獄についてのAからZまでの説明はありません。 私たちが確実に知っていることは、地獄は神からの永遠の分離の場所であるということです。

地獄と永遠についての2の主な見解

歴史的に、地獄/最終的な判断については、2つの主要な見解または一連の見解がありました。

地獄に関する伝統主義者観

「伝統主義者」の見解は長い間最も人気があり、グッドプレース説教シリーズで、そして今日多くのプロの学者によって支持されてきた見解です。 この見解は、自分の罪から救われておらず、イエス・キリストの義が正義であるとされていない人々は、永遠に地獄に住み続け、「永遠の意識の苦しみ」に耐えると信じています。霊は永遠に存在するでしょう。

この見解の主な前提は以下のとおりです。

  1. 人間の精神は本質的に永遠です or その創造の時から神によって永遠に支えられています。 彼らは必然的に永遠に生きるので、償還されない者は必然的に永遠に罰せられるでしょう。
  2. 「罰」には意識が必要です。 人の精神が存在しなくなった場合、罰は「永遠」にはなり得ません。
  3. 判断/地獄に関しての「破壊」または「死」は比喩的にとらえられなければならず、「苦しみの中に残っている」またはそれに類するものとして解釈されなければなりません。 「ものの存在の終わり」としての「破壊」または「死」の通常の意味は、ポイント#1と矛盾するため、伝統的な枠組みでは文字通りとらえることはできません。 (マシュー10:28;啓示2:11)

地獄に関する消滅主義者の見解

もう一つの主要な視点は、「消滅」の傘下の見解の家族です。この見解の家族は歴史を通していくつかの、しかしそれほどではないが真面目な証明をしました、しかしth 世紀。 詳細は特定の見解によって異なりますが、すべての消滅論者の見解は次のように考えています。 永遠の クリスチャン以外の人々に対する罰は、「永遠の意識的な苦しみ」ではなく、彼らの霊の死です。神はこれらの人々の霊を全滅させ、彼らは存在しなくなるでしょう。 死者は二度と起こらないであろう、そして霊的な死は救われていない人々のための肉体的な死を伴うと言う人もいます。 他の人たちは死者は裁きによみがえって復活し、その後精神的な死を経験すると主張します。 すべての見解は究極の永遠の破壊を前提としています。

この著者によると、消滅主義者の傘の下での最良の見通しは、「条件付き不死」とも呼ばれる条件付き主義者の見解です。 一言で言えば、コンディショナリズムは、地獄は「永遠の影響による限定的な意識的罰」であると教えています。コンディショナリズムの主な指針となる仮定は次のとおりです。

  1. 神だけが 本質的に 彼が償還されていない人々の存在を維持するのをやめるとき、永遠のそして時が来るでしょう(すなわち、罰としての判断と霊の死)。
  2. 人間の不死はイエス・キリストによって贖われた人々への神の恵みによる賜物です。
  3. 償われていない非クリスチャンは、火の湖(地獄)で神の裁きによって霊的な破壊/死を経験するでしょう。

地獄の2メインビューのための質問を導く

私たちの目標は、ある見方を別の見方で議論するのではなく、これらの見解が対立しなければならない最も重要な仮定を強調することです。 彼らです:

不死の意味

伝統主義者:人間の精神は本質的に不滅です or 永遠に神によって支えられています。 人間の精神には始まりがありますが、終わりはありません。 これは地獄が「永遠の意識 苦しめる。"

コンディショナリスト/消滅者:人間のスピリットは条件付きで不滅です。 不滅は、贖われた人々への神の恵みの賜物です。 すべての人間の霊には始まりがありますが、贖われた霊だけに終わりはありません。 償還されていない人々の精神は、彼らの滅びの場所である地獄に終わりを迎えるでしょう。

「永遠の」とは判断/罰に関して何を意味するのでしょうか。

永遠の罰は、期間(時間)または質(範囲)、あるいはその両方において「永遠」なのでしょうか。 私たちがこれによって意味することの例は、神の永遠性対夫婦間の愛の永遠性です。 神の永遠は文字通り「永遠」を意味します。 彼は始まりも終わりもありません。 夫婦間の愛には始まり - 結婚式 - と終わり - 配偶者のうちの1人の死 - がありますが、配偶者がお互いに「永遠に」愛すると言うのは一般的です。

後者の例では、「永遠に」または「永遠に」は次のように理解されるべきです。 それができる限り。「聖書には、ヘブライ語/ギリシャ語の「永遠」 - 「本当に永遠」または「可能な限り」という両方の用法の両方の聖書に、明確な例があります。 12:24。 29:9。 レビ記40:15。 申命記3:17; ジョシュア15:17。 14キング9:1-8。 12キング13:2; 詩篇5:27。

トラディショナルスト:裁きの火の「永遠」または「手に負えない」性質(マーク9:43)は時間を指します。 彼らはいつも彼らの燃料、罪深い人間を燃やしているので、火は決して消えません。 これらの罪深い人々はそれから耐えるでしょう永遠の 判断が 永遠の そして人間は 必然的に不滅.

コンディショナリスト/消滅学者:「永遠の」刑罰は、刑罰の質であり、時間ではありません。 「永遠の」火事は「アンタッチャブルでない」火事と考えるのが良いでしょう。つまり、火事はその仕事が完全に終わるまで止まらないということです。 火が燃える 必要な限り。 この罰の結果は永遠のものです。それによって判断された人々は永遠のために霊的に死んだままになります。 聖アウグスティヌスは、次のように書いている。生活のコミュニティから削除されました。」

地獄の教義を採用することに関する中心的な質問

地獄の教義を採用することの中心的な考察は、他の何かの教義を採用することとそれほど変わらない。 問題は次のとおりです。 もしそうなら、聖書はそれについて何を教えていますか? 聖書は何ですか Studio上ではサポートされていません。 重要なことに、私たちは解釈の過程においてどの程度の範囲外の考察がもたらされるかについて自分自身に尋ねなければなりません。 聖書に「地獄の章」がないことを私たちが認めるならば、私たちは聖書の読みに外部の仮定を取り入れたかもしれない方法を認識し、それに従って調整しなければなりません。

伝道についての注意の言葉

伝統主義と消滅主義は同様にクリスチャン以外の人々にとって悲惨な運命を約束するものであり、クリスチャンはどちらの見方でも福音を宣べ伝えようとする動機を持つべきではありません。 イエスは、「地獄は永遠に痛みを伴う」ために弟子を作ることを奨励したり、「罪人は滅ぼされたりするために」伝道から落胆させるべきではありません。すべての国の弟子を作ります。

神の教義についての注意の言葉

人がどのような見解を持っていようとも、神はだれにも恵みを示す義務はありません。 伝統主義的見解が正しいと判明した場合、消滅主義的見解が正しいと判明した場合よりも、神は多かれ少なかれ、良くて、完璧で、そして聖なるものではありません。 償還されなかった者の最終的な運命は、地獄についての伝統的あるいは他の解釈に対する最終的な判断や最終的な判断にかかわらず、いかなる意味においても神を減少させるものではありません。

それについて話します
  1. このトピックへのあなたの最初の反応は何ですか? 何があなたに飛び出したの?
  2. 1-10の尺度で、Hellを理解してどれほど快適ですか? 説明しなさい。
  3. あなたの地獄に対する見解の大部分はどこから来たのでしょうか。
  4. のテーマ 良い場所 シリーズは、「あなたが永遠について信じるものが、今日の暮らし方を左右する」です。これは地獄にどのように当てはまりますか。
  5. あなたや他の人が地獄の存在を信じるのに苦労しているいくつかの理由は何ですか?
  6. Matthew 17:13-14を読んでください。 イエス様がこのイメージを通して乗り越えようとしているのはどのような点でしょうか。
  7. 2テサロニカ1:8-9を読んでください。 これを読んだ後、あなたはどのように地獄について説明しますか?
  8. あなたは神が誰かに地獄へ行くことを望んでいると思いますか? 説明しなさい。
  9. Romans 3:25-26を読みます。 なぜ神はイエスに対する罰を認めたのでしょうか。 説明しなさい。
  10. あなたの最後の数週間を調べてください。 あなたが永遠について信じていることについてあなたの人生は何を言っていますか? 変更したいことはありますか?
  11. 今週あなたが生きること、愛すること、永遠を念頭に置いて奉仕することができる最初の実用的なステップは何ですか?
  12. 今日の話題に基づいてとるべきステップはありますか?

トピック#3

天国の現実は、私たちが今この世で生きる方法を改善するために変わります。

キーポイント:

  • 事実:天国は本物です。
  • フィクション:天国は退屈になります。
  • 事実:天国はあなたのために作られたものです。
  • フィクション:この世界はあなたの家です。
説教記事

ほとんどのアメリカ人は天国の可能性を信じています。 人間の心には、「この人生だけではありません」と叫ぶものがあります。しかし、天国はどのようなものですか? 人々は雲の上に浮かんでハープを弾くのだろうか? すべてが白になりますか? 私たちが天国について知っていること、そしてその真理が私たちの生活をここと現在どのように変えているかを見てみましょう。

事実:天国は本物です

私たちは、天が現実であることを知っています - 聖書が200回にわたってそれを述べているからです。 事実、イエス様ご自身が天国について話しました。

John 14:1-3あなたの心を悩ませてはいけません。 神を信頼し、私も信頼しなさい。 私の父の家には十分なスペースがあります。 そうでなかったら、私はあなたのために場所を準備するつもりだとあなたに言ったでしょうか? すべての準備が整ったら、私はあなたを私のところへ連れて行きます。

イエスは天国についての信者たちに、まるでそれが実在の場所であるかのように約束しました。

フィクション:天国は退屈です

私たちの文化の天国の共通の考えは退屈なようです。 しかし、真実からそれ以上のことはできません。

黙示録21:1-5それから私は新しい天と新しい地球を見ました。天と古い地球が消えたからです。 そして海も消えた。 そして、私は、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために美しく服を着た花嫁のように、天から神から降りてくるのを見ました。 私は王座から大声で叫ぶのを聞きました。 彼は彼らと同居し、彼らは彼の民になるでしょう。 神ご自身が彼らと共におられるでしょう。 彼は彼らの目からすべての涙を拭きます、そしてこれ以上の死や悲しみ、泣き声や痛みはありません。 そして王座に座っている者は、「見て、私はすべて新しいものを作っています!」と言いました。

天は実際にこの地球上にあります - それが完全な変身を得た後。 これ以上の汚染、死、または腐敗はありません。

天国は悲しみや痛みから解放されています。 この世界は失恋でいっぱいです! しかし天国では、後悔もストレスも悲しみもありません。

天はあらゆる形で悪から解放されています。 搾取、虐待、残虐行為、または暴力はありません。

天国では、私たちの体は完璧になり、私たちの魂は純粋になります。 肉体的な不完全性や罪の邪魔にならない人生について考えてください。

天国では、私たちは完璧な関係を享受します。 わがままや操作なしで私たちは愛され愛されます。

天国についての最大のことは、神がそこにいるということです。 天国では、私たちを彼の存在から切り離すことはもうできません。

事実:天国はあなたが造られたものです

神はすべてを完璧にされました、しかし彼の創造のための神の計画は人間の罪によって横行されました。 天国では、神の当初の計画は回復するでしょう。

黙示録22:3-5もう何も呪われることはありません。 神と子羊の御座がそこにあり、しもべが彼を崇拝するからです。 そして彼らは彼の顔を見るでしょう、そして彼の名前は彼らの額に書かれるでしょう。 そして、夜もありません - ランプも太陽も必要ない - 主なる神がそれらを照らすからです。 そして彼らは永遠に支配するでしょう。

創世記3:17では、神は人間の罪のために地球を呪われました。 その呪いは消えます。 創世記1:28では、神は彼の創造を支配するために人間を呼びました。 天国では、私たちは「永遠に統治する」でしょう。

天国では、私たちは自分たちのために創られたことを、制限なしに、正確にやるでしょう。 私たちは神を完全に知り、神との関係を享受します。 私たちは気を散らすことなく礼拝し、疲弊することなく奉仕し、恐れることなく交わり、疲れずに学び、退屈することなく休みそして傲慢なく支配する。

フィクション:この世界はあなたの家です

この現代の世界は恒久的であるように、ほとんどの人は住んでいます。 しかし、この世界がそうであるように即時かつ説得力があるように、この世界は私たちの家ではありません。

フィリピン人3:20しかし、私たちは主イエス・キリストが住んでいる天の市民です。 そして私たちは彼が私たちの救い主として戻るのを熱心に待っています。

私たちは将来だけでなく、今天の市民です。 だから天国は次の人生だけではありません。 それは私たちが現在の生き方に影響を与えます。

この世界があなたの家であると思うなら、あなたはここで数えるものにあなたのお金を使うでしょう。 しかし、天があなたの家であるならば、あなたは神にとって重要なことに対して寛大になるでしょう。

この世界があなたの家であるならば、あなたがこの人生の中で直面するであろう苦難への希望は本当にありません。 しかし、あなたが今どのような損失を被っても、天国への10,000年の違いはまったく違います。

この世界があなたの家だと思うのなら、あなたはその目的のために生きるでしょう:名声、喜び、安らぎ、そして成功。 しかし天国に照らして、あなたは人々と彼らの永遠の運命によって動機を与えられるでしょう。

あなたは最終的に天国のために作られました。 それはあなたがこの世に生きる方法を変えるはずです。

深く掘る

天の文化的概念

より広い西洋文化では、天は「彼らの翼を獲得し」そして天使になった浮遊し、荒れ狂った人々の領域であるという考えがあります。 彼らは一日を雲の上でのんびりとハープを弾いて過ごします。 地獄についての多くの考え(The Good Place #2に関する掘り下げて深いメモを参照)と同様に、天国についての大衆文化で描かれていることの多くは聖書ではなく、聖書、伝統、そして歴史の組み合わせです。

私たちは天国で天使になりますか?

クリスチャンは死んで天国に行くときに天使になることはありません、そして天国は私たちの新しい翼でハープを弾いて雲の上に座ることではありません。

天使とは、しもべと使者として神によって創造された霊的存在です。 ヘブライ語とギリシャ語の両方で、この言葉は 天使 これらの存在は、神に仕えるために作られました。 彼らは人間ではなく、また人間でもありませんでした。 実際、聖書はそれを証明しています 償還されたキリスト信者は天使たちを裁きます (1コリント6:2-3)。 ですから、人間が天使になるために「上がる」という考えは後ろ向きです。

天の大きな望みは、天使になるのではなく、贖われた、聖なる、完璧な存在がイエス・キリストの救いの働きを通して真の人類に生まれ変わるように生きることです。

聖書の中の「天」

「天」は、聖書の中で二重の意味を持っています。 それは両方とも物理的な空または宇宙(創世記1:1)と神の住居(1キング8:30;詩編14:2)の両方を指します。 「天」という言葉は時々神によって自分自身を指すことができます メトニー (Daniel 4:26)とIsaiahは、天国の再現について語っています(Isaiah 65:17; 66:22)。 天国の複数の「レベル」または「層」の考えは、それまでは発展していないようです。 試験期間この概念の明確な説明はOTにはありませんが、学者がアイデアの発展のための神学的基盤として役立つと考える場所がいくつかあります(申命記10:14; 1:8; 27 Chronicles 2:2)。

天のOT概念

現代のユダヤ人のコメンテーターとクリスチャン学者の両方は、「OTは神との将来の損なわれない交わりと他者との完璧な調和の明確な概念を持っていません。聖書の神学の新しい辞書、541)。 NTの著作に明記されている神に忠実な人々の住む場所としての天国の概念は、OTの範囲を超えています。 この一般原則に対する2つの例外、Enoch(創世記5:24)とElijah(2 Kings 2)は、まさにそれと同じように見なされるべきです:例外。 一般原則の例外として、私達は私達の残りのためのパラダイムとしてそれらの事件を使用する際には注意を払うべきです。

そうではなく、OTは、 羊毛. Sheol (ヘブライ語: שְׁאוֹל神が何人かの人々に対する判断の形として死を用いているのは事実ですが、原文の証拠はそれを示唆しています 羊毛 判断の場ではない それ自体が それは地獄に来るとき我々が考えるように神の怒りの下にいる人々のために。 むしろ、 羊毛 それは、死のための広範な比喩であり、正義でも不義でもありませんでした。 ギリシャ語 ハデス (ιδης)を使用して翻訳した 羊毛 の中に セプトゥアギンタ (LXX)そして、NTにおけるこのユダヤ人の概念の近似として役立つように思われます。

ただし、「死と復活の中間的な状況では、NTは明示的な情報を提供していません」(注)新約聖書の神学辞典、vol。 3、p.17) 聖書の神学の新しい辞書、pp.444、542-43は詳細について説明しています 羊毛 そして死と最終的な判断の間の「中間的な状態」という考え。 参照してください:アンソニーHoekema、 聖書と未来、pp.XNUMX − XNUMX。 これについての詳細は下記をご覧ください。

ユダヤ人の希望は義人の将来の復活を望んでいた、そしてこの概念は同様に天のNT概念のための基盤である。

天国のNTの概念

NTの天国 "…祝賀会として様々にそして喚起的に描かれている(Matthew 8:11; 22:2; cf.黙示録25:10)継承(Matthew 19:9)聖書のどこにも「天国」と呼ばれる来世ではなく、彼らの「天国へ行く」と表現されているクリスチャンの死もないことに注意すべきである。25:34; 11:10-12)。 (NDBT、541)。 これは、クリスチャンがこれらの用語で話すことができないという意味ではなく、NTでこれらの方法で説明されていないということだけです。

NTのクリスチャンの将来に対するビジョンは、天国(神の住まい)と地球(人類の住居)が一体となった、償還された創造物です。 黙示録の最後の章では、神の 住むことは人類とある (黙示録21:3)。 これは、最終判断が下されるまでは起こらないだろう。主の日(黙示録19-20)。

人間の本質は何ですか?

掘り下げたより深いノートでしばしば述べられるように、私達は神学の教科書がするように聖書がしばしば体系的に質問に対処しないことを覚えておかなければなりません。 聖書が与えられた話題について知りたいことを直接述べていない場合は、聖書のさまざまな箇所に目を向け、証拠を集め、それに基づいて最善の見積もりをしなければなりません。 続く一連の探究の性質のため、そして多くの聖書の時折の性質について言われたことを考慮すると、必要な信頼があります。 オントロジー 人間性についての質問に答えること。 人間の本性についての聖書には明確に述べられていないこと、そして物事が明示的に述べられていることが多くあります - 人類のような神の像の中に創造された- 聖書は、そのような言明が意味するものを常に正確に解凍するわけではありません。

CSルイス 「あなたには魂がありません。 あなたは魂です。 しかし、この引用はスコットランドの思想家によるものである可能性が高いです。 ジョージマクドナルド、ルイスのメンター、アイデアはしばしば上記の天の文化的概念のいくつかに対処する際に神学的矯正として使用されます。 マクドナルドの考えは正しいですか、そしてそれはなぜ天、地獄、そして永遠について考えることに関連があるのでしょうか?

肉体/精神/精神?

Gotquestions.orgはこう書いています。「どういうわけか、魂、精神、感情、良心、意志、そして心はつながり相互に関連しています。 おそらく魂の精神は、他のすべての重要でない人間的側面の組み合わせで構成されています。 これを念頭に置いて、人類は二分されている(「2つに切る」)か、 トリコトーム (「3つに切る」)? 言い換えれば、私たちには二つの部分(身体と魂 - 精神)がありますか、それとも私たちは三つの部分(身体、魂と精神)がありますか? 独断的であることは不可能です。 神学者たちはこの問題について何世紀にもわたって異なってきており、決定的な正統の宣言が真実であることはこれまでにありませんでした。 2つか3つの部分がありますか。 体と魂/精神か体と魂、精神か? gotquestions.orgと トリコトミーと人間の二分法 - どちらが正しいのか? gotquestions.orgで。

別の見方は 一元的な人類学 - これは上記のMacDonaldによる引用に対処しています。 一元論は、これらの問題に取り組むための主要な目的として、肉体と精神の本質的な一致というOTの枠組みを使用しています。 エリクソン(p.543)は次のように書いています。「一元論によれば、人間であることは身体であること、または身体を持つことです。 人間はどういうわけか体から離れて存在することができるという考えは考えられません。 したがって、身体化されていない状態(すなわち「中間状態」)に死後の存在が存在する可能性はない。 魂の不滅はまったく受け入れられません。 それだけでなく、身体的な復活以外の将来の生活の可能性がないだけでなく、死と復活の間のいかなる中間的な状態も除外されます。この見解は次のように論じています。ユニタリー ヘブライ語の考えは、人間の性格内で区別がないことを知っています。 肉体と魂は対照的な用語ではなく、互換性のある同義語です(p.545)。

一元的な人類学の本質的な問題は、対象に関するNTデータの無知であり、それは肉体的死後の意識を示唆している(イエスの十字架上の泥棒への約束;パウロの声明は次のとおりである。 」)。 参照:マシュー10:28。 黙示録6:9; 20:4

Erickson(pp.554-57)は3番目の方法を説明しています。 偶発的一元論。 この見方では、人間は(一元的な人類学が主張するように)本質的な団結であるが、キリスト教徒の精神は(NTが暗示するように)彼らの体から切り離され、判断の時が来ると彼らの体と再会する全員のための復活についての聖書の一貫した教えをもって。

また見なさい:Millard Erickson、 キリスト教神学、vol。 XNUMX、pp。 Anthony Hoekema、 聖書と未来.

肉体と精神は反対しているか

OTが身体と精神の間の難しい区別を教えていないことを指摘することは重要です。 霊が何らかの方法で体より「優れている」という考えは聖書的な考えではなく、 プラトニック アイディア。 プラトンは、人の精神または「心」が身体に閉じ込められる前に存在していたと教えました。 当時の致命的な人生は、試練の時代であり、それによって、ある人は、美徳の人生を通して、純粋に霊的な存在に戻ることができました。 美徳の人生を生きられなかった人たちは、純粋に霊的な存在に戻るのに十分なほど善良に生きるまで、再び生きるために別の肉体に生まれ変わるでしょう。

聖書は、体が本質的に悪であること、あるいはそれが霊の「刑務所」であることを教えていません。 それどころか、聖書のビジョンは、体の復活と、人と体全体の贖い、つまり体と霊の贖いのためです。 聖書における肉体と精神の分離は一時的な事態にすぎません。 究極の約束は、肉体と精神の再統一、そしてイエスのような、腐敗しない、賛美された体を得ることです(1コリント15:35-58;フィリピン人3:21)。

初期の教会の間に、私達がと呼ぶ一連の思考は「グノーシス主義キリスト教の教会に誤った教義を導入したことに対して懲戒処分を受けた一部の初期のキリスト信者に影響を与えました。 グノーシス主義は人によって異なることを意味していましたが、それは一般的に秘密または「より高い」知識に焦点を当てた視点として説明することができます。

人間がもともと創造されたという聖書の教えとは対照的に、人の身体は本質的に悪であるという教えにおいて、グノーシス的な思考の1つのスレッドがプラトンに続きました 良い   とても良い そして人全体 - 体と霊 - は思考と行いの両方においてすべての人を反逆させる罪の性質の影響を受けます。 使徒ヨハネ(1ジョン4:1-2; 2ジョン1:7)が反対したという考えの1つは Docetism- イエスのみ 見えた 肉体を持っていると彼は実際にはしなかったし、実際にはその体がドセティストによって本質的に悪と見なされて以来、できなかった。

私たちの時代には、いくつかの考え方がこの考え方に従っています。 末日聖徒イエス・キリスト教会は、すべての人が霊的に先在して生まれたこと、そして私たちの地上生活は天の御父の前で私たちの価値を尽くし、彼に帰り、自分自身で神へと進む機会であると教えています。 この理論はプラトニック思想とは重要な点で異なりますが、その類似点は明らかです。

聖書では、肉体と精神は反対されていません。 OTでは、2つは不可分に統合されています。 NTでは、両者はしばらくの間分離されますが、統一されたものとして表示されます(James 2:26)。 イエスが帰国する前に死ぬ人々にとって、究極の聖書のビジョンは、体と霊の統一と、神の恵みによるキリストの贖いの完全さへのそれぞれの賛美です。 天には、賛美された体を持つ贖われたクリスチャンが住むでしょう。

中間状態

「中間の状態」とは、キリストの再臨と、神が地獄と死を滅ぼし、創造を一度に償われるであろう主の大いなる日の前に死んだすべての人々の地位に関するものです。 これらの人々は、「眠っている」のですか? アドベンチスト 教会の家族は教えますか? クリスチャンではない人々は二度と消滅主義者の考えのいくつかの学校が示唆するように二度と生き返らないでしょうか? それとも、キリストの前にいるか、あるいは地獄のような「収容タンク」の中にいる死者の魂のことです。 羊毛 すべてが復活し、裁かれるまで?

PSジョンストン(聖書の神学の新しい辞書、542)は書いている: "個人的な復活について言及している二つのOTのテキストは、それらの長い死者のためにそれを想定、すなわち遠い見通しとして(イザヤ26:19;ダニエル12:2)。 兄弟の墓でのマルタの反応が示すように、この概念はユダヤ教に広く行き渡りました(John 11:24)。 同時に、ユダヤ人の文献の中には、死と復活の間の中間的な状態の概念を、 羊毛/ハデス 別の区画にいるか、すでに楽園になっているか苦しんでいる(Luke 16:23を参照)。 NTも同様に中間状態を構想しているようです。キリストは十字架につけられた犯罪者への即時の楽園を約束しました[Luke 24:43]。 パウロは、死はキリストの臨在への扉でしかないと感じました[2コリント5:8]。 ヘブライ語は目に見えない目撃者の雲を呼び起こす(12:1)。 そしてヨハネは叙階を切望する殉教者たちの魂を垣間見た(黙示録6:9-10)。 この状態は神との安らぎと平和の一つであり、それは霊に生き生きとした体としての復活に先行するのでおそらく具現化されています(1コリント15:44)。 しかし、それ以上の詳細は与えられていません。」

聖書はしばしば「主の日」と「主の日」について語っているからです。神の裁き席と一般的な復活の(イザヤ26:19;ダニエル12:2;マシュー25:31-46;ジョン5:25-30;ローマ人2:6;参照: 作品による最終判断 DesiringGod.orgで)、我々はこの一般的な復活の前に「復活」と「主と共に存在する」という聖書の考えに上記の人間性の理解を適用しなければなりません。

義人が神とキリストと共に存在する中間状態と、すべての人が肉体で復活する「一般的復活」があります。

それについて話します
  1. このトピックへのあなたの最初の反応は何ですか? 何があなたに飛び出したの?
  2. 私たちの文化の中で人気のある天国についての共通の考えをいくつか見分けてください。
  3. John 14:1-3を読んでください。 イエスは天国はどのようなものになると言われましたか。 天国についての彼の言葉はなぜ権威を持っているのでしょうか。
  4. 天国は退屈だと思ったことはありますか? 説明しなさい。
  5. 黙示録21を読んでください:1-5。 この説明についてあなたに際立っているのは何ですか?
  6. 黙示録21は天が退屈になるという考えにどのように反論しますか?
  7. 創世記1:27-28をお読みください。 神は人類に何をするように言われましたか?
  8. 黙示録22を読んでください:3-5。 創世記1:28に照らして、それは我々が永遠に統治することをどういう意味ですか?
  9. Philippians 3を読んでください:20。 市民とは何ですか? それを踏まえて、それが天の市民になることはどういう意味ですか?
  10. 天国を見越して生活することによって、この世で私たちがする選択が変わるといういくつかの方法は何ですか?
  11. 今日の話題に基づいてとるべきステップはありますか?

トピック#4

ほとんどの人は天国に行くための多くの方法があると思います。 しかし、イエス様は私たちに天国への道は一つしかないことを示しています。

キーポイント:

  • だれが天国に行くかについての3つの悪い考え:
    1. すべての宗教は基本的に同じです。
    2. 本当に重要なのは、誠実さだけです。
    3. 「いい」人は天国に行きます。
  • イエスは天国への唯一の道、真理、そして命を提供します。
    1. 道。
    2. 真実。
    3. 生活。

フル説教:

説教記事

今日すべての人々が天国に行くという非常に人気のある信念があります。 衝撃的に、多くのクリスチャンでさえ同じことを考えているようです。 しかし、すべての道路が天国に通らない場合はどうなりますか。 間違った道をたどったり、間違った道を進んだりすることが可能ならばどうでしょうか。

誰が天国に行くかについての3つの悪い考え

  • すべての宗教は基本的に同じです。

そこにある宗教的な選択肢の数が増えるにつれて、1つの選択肢だけが究極の精神的真実を表すという考えは、多くの人にとってますますありそうもないように思えます。 真実は、すべての宗教が同じではないということです。 彼らはさまざまな信念、歴史、神学を持ち、天国へのさまざまな道を提供しています。

  • 本当に重要なのは、誠実さだけです。

これは今日非常にポピュラーな見方ですが、私たちは誠意がこれまでのところ人を得るだけであるという現実を認める必要があります。

諺16:25それぞれの人の前に、正しいと思われるパスがありますが、それは終わりで終わります。

賢い王、ソロモンは、あなたがとる道についてあなたが非常に誠実であることができると私たちに知らせますが、その道は死に至ることがあります。 人は何かについて誠実であり、それでも誠実に間違っていることになりかねません。

  • 良い人は天国に行く。

ほとんどの人は、人々は基本的に善であり、それゆえ天国へ行くと信じています。 その考えは、天国に行かない、本当に悪い、邪悪な人々がほんの少ししかいないということです:連続殺人犯、テロリストなど。

ローマ人への手紙3:10(TLB)聖書が言っているように、「だれも良い人はいません。全世界の誰もが罪のない人ではありません」。

使徒パウロは、本当に良い人は誰もいないと言っています。 それから私たちは、完璧な人々だけが天国に入ることをイエスから学びます。

マシュー5:48しかし、あなたは天のあなたの父が完全であるとしても、完全であることです。

正直に言って、良いことは完璧から遠い道のりです!

イエスは天国への唯一の道、真実、そして命を提供する

神は私たちから離れているにはあまりにも人々を愛しているので、彼は私たちに天国への唯一の道を告げています。

John 14:6イエスは彼に言いました。「私は道と真実と人生です。 私を除いて誰も父に来ることはできません。

  • 道。

イエスは、自分が天の父なる神への道であるとか、さまざまな道のうちの一つであると言っているのではありません。 a 方法と何か他のもの。 彼は自分が天の父なる神への唯一の道であると宣言します。

誰かがあなたの家のそばを歩いて、それが燃えているのを見たとしましょう。 彼らはあなたの正面玄関を叩き、何の反応もないので、彼らは扉を蹴り出して、あなたが煙を覗き込んでいるのを見つけ、道を見つけようとします。 彼らはこう言います。 燃えている家から出る道は片道しかないと主張しているからといって、彼らは狭義または寛容でないとあなたは非難しますか。 彼らが家の外に片道があると主張する唯一の理由は、実際には、家の外に片道しかないということでしょう。

  • 真実。

私たちはこのポストモダンの世界で相対主義の時代に生きています。 それは客観的な真実が個人的な意見や主観的な感情に置き換えられていることを意味します。

あなたは人々が今日「私の真実ではなくあなたの真実」と言っているのを聞きます。これは相対主義の典型的な例です。 相対主義は、特異で客観的な真実はないと言っています。 それは神がもはや真実の作者ではないことを意味します。

裁判官21:25当時、イスラエルには王はいませんでした。 すべての人々は自分たちの目に正しく見えるものは何でもしました。

私たち全員が真実とは何かを決定するようになれば、真の真実と私たちに真実を与える真の権威はありません。 私たちは、神とは別の私たち自身の言葉で真理を定義することによって、神の代わりをしようとします。

  • 生活。

使徒ペテロは、イエスが天国に入る唯一の方法であることを確認し確認します。

使徒4:12(ESV)そして、他の誰にも救いはありません。

この世のすべての国と王国で、全地球を通して、イエスの名前は最も重要な名前です。 誰かが判断と永遠の神からの分離から救われることができるのは彼の名前によってのみです。 天国への唯一の方法があります。 それはイエス、方法、真理、そして人生を通してです。

深く掘る

なぜ私たちは「救われなければならない」のでしょうか。

罪は人々を非聖心にします、そして、不公平は最終的には住むことができません 聖なる神の臨在。 イエス様が人間性のために死に至った理由は、彼が 私たちのところで判断される そして、私たちが彼に完全に信頼するならば、私たちは救いの無料の賜物を受け取ることができます。 私たちが信じるとき、私たちは、OTの動物のいけにえがイスラエルの人々を清めたのと同じように私たちに適用されるイエスの犠牲のために聖にされます(ヘブライ語10:1-18)。 ヘブライ語が言っているように(9:22):「血を流さなければ許しはありません。」参照:Mark 14:24; 行為2:23; ヘブライ語5:9; XNUMX:XNUMX、XNUMX、XNUMX − XNUMX。 9:12

それで、主な問題は、私たちが神と一緒にいるために「十分」であるかどうかではありません。 主な問題は、むしろ、私たちが 十分に聖なる 神と共にありますように。 良くて規則に従うことは私たちを聖にしません。 私たちを聖にすることができる唯一のものは、聖そのものの源である、神です。 救いは「恵みによって」(エペソ人2:8-9)です。 しなければなりません 恵みによって。

人々は天から恣意的に排除されていません。 彼らは聖なるものではないので、彼らは除外されます。 彼らはイエスの犠牲によって聖にされたのではないので、彼らは不吉です。それは信仰を通して恵みによってのみ彼らに適用されることができるのです。 真実は定義上制限があるため、人は両方とも聖なることはできません   聖なる 人はどちらか聖なる or 不吉です。 そして、聖なる者となるためには、聖なる者となるための唯一の方法があります。

聖書の圧倒的なメッセージは、神が信じられる限り多くの人々のためにこれを可能にするために極限まで行ってきたということです。 しかし、別の真理も同様に重要です。 誰がそれを受け取るでしょうそしてすべてがそうするわけではない。

それはますます少なくなっていますが、米国の多くの人々が何らかの形のクリスチャンであると主張し、「イエスは主である」と言うでしょう。イエス様に従うと言う同じ人たちが、真に彼の教えに従わないし、忠節を守らないのは明らかです。 聖書の世界観.

これがより明白になっている1つの方法は最終的な判断の考えに関しています。 イエス様が十字架で死なれたために、誰もが必ず救われるのは本当ですか?

普遍主義とは何ですか?

「普遍主義」は最近人気のある考えです。 それは異なる宗教は神に向かって同じ山を登る異なる道のようなものであり、いくつかの道はある方向から他の方向にジグザグになるでしょうが、結局、すべての道は山の頂上へと続くと言います。

クリスチャンであると主張するいくつかのグループは、この考えの修正版を支持します。 これらの教会は、十字架の上で犠牲になって死んだことによって、イエスの贖罪は、彼が必要であることを信じることなくすべての人々に適用されることを教えています。 イエスがしたことのために、誰もがいつの日かこの世で信じていたことに関係なく天国に行くでしょう。

多くの人がこれらを心地よい感情であると感じていますが、聖書的には、どちらも真実ではありません。

神は不公平ですか?

クリスチャンの哲学者であり謝罪者であるラヴィ・ザカリアスは、定義上、すべての真実は排他的であると言っています。 形状を正方形と円形に同時にすることはできません。 独身男性は独身です。 彼が結婚するとき、彼はもはや独身者ではなく、そして男性が「既婚独身者」になることは不可能である。人はタイムズスクエアとエッフェル塔に全く同じ時間にいることはできない。 これらのことはすべて矛盾です。 彼らがすることはできません 両方とも同時に当てはまる.

多くの人々は、誰もが永遠に天国で暮らすとは限らず、神とその人々との永遠の関係を享受することができないという考えに怒っています。 今日のクリスチャンは、イエスが天国への唯一の道であると信じるのは狭義であり、神が天国から人々を排除するのであれば、その価値はないと主張する非クリスチャンによってますます重要と見なされています。崇拝するか、彼は実際には神ではありません。 このような状況の下で、「神」や「より高い権力」を信じ続けることを好む人は、しばしば自分の感性を高める神を作り出します。天から。

イエスが自分が「道、真実、そして人生」であると教えられたのは、 is。 神はイエスを信じることが必要であると恣意的に決心したのではありません。 そうではなく、聖なる人々を永遠の命を受け継ぐことができる神の聖なる子供たちにするためには、人間の罪の問題に対処しなければなりませんでした。 罪の問題に対する神の解決策はイエス・キリストであり、医者がインスリンを糖尿病患者に処方する「狭義」以上に、この解決策として人々がイエスを指すことは「狭義」ではありません。

問題は、宗教的主張に関して言えば、人々が自分たちの生活の他の分野で固執する客観的な真理の概念を無視するということです。糖尿病患者はインスリンを必要とし、形は正方形と円形に同時になることはできません。 彼らがこれらの用語でそれを説明するかどうかにかかわらず、彼らは宗教的な考えは観察可能な世界についての真実とは異なる種類の知識であると決定しました。 しかし、それがイエス・キリストの救いに関しては、そのような区別はありません。

クリスチャンは、信仰について非クリスチャンと話し合ったり、伝道や弟子となったりすることに関しては、「正しい」ことについてこの問題を起こさないように注意しなければなりません。 生か死かの質問に対する答えを与えられたと自分自身を考えるべきであり、私たちの目標は人々が答えと質問の両方を理解するのを助けることです。 私たちは、これが他の人よりも賢く、より良く、あるいはより誠実であることと関係があると自分自身が信じないようにできる限りのことをしなければなりません。 むしろ、私たちは他の人がまだ受け取っていないという恵みを受けました。

聖書の普遍主義:救いはすべての人に

聖書は、神が「誰もが救われることを望んでいる」(1ティモシー2:3-4)、彼がだれにも滅ぼされたくない(2ピーター3:9)、そして彼が邪悪な人の死を喜ばないことをしかし彼らを悔い改めと命と呼ぶ(Ezekiel 18:23、32; 33:11)。 旧約聖書と新約聖書の両方において、神の望みは彼の選ばれた人々 - 最初のイスラエル - 後のクリスチャン教会 - が他の人が彼を追求するのを助けることであったことは明らかです。 イスラエルは「聖職者と聖なる国の王国」と呼ばれ(出エジプト記19:申命記6:28)、ペテロは後にこの考えを教会に適用します(9ペーター1:2)。

聖書は、神の民を「聖なる」と呼ぶことによって、特別な目的のために「離れて」いることを意味しています。 彼らを「聖職者」と呼ぶことによって、聖書は信者が神を非信者に示すことを意味します。 イエスは、マタイXN​​UMXにおいて人々を「塩と光」と呼ぶことによってこれを教えました。 神を知っているように見えることを他の人に見せて、この真理を他の人に話すことによって(マシュー5:28-19)、神の民は未だに彼を追いかけていなかった人たちに「祭司」として特別な役割(「聖」)を持ちました。

OTはイスラエルについてのものであり、NTはイエスの朗報をもって世界に到達することについてのものであると一般的には想定されていますが、これは不正確です。 両方の遺言は、神の心はすべての被造物とすべての人々の贖いのためであることを示しています(詩編47; 67)、あらゆる人々のグループは神の憐れみまたは神の裁きの対象となり得ます。他の人々に対する裁きの道具として使われる(ヨシュア=カナン人に対するイスラエル;イザヤ/エレミヤ=イスラエル/ユダに対するアビリア/バビロン)、すべての人々のグループは彼らの生計と神からの起源を負う(アモス9:7;マシュー5: 45;行為17:24-28)そしてそれは結局のところ、「あらゆる民族、部族、そして舌」が神の民に含まれることになるでしょう(ピリピ人への手紙2:5-11;黙示録7:9)。

ライト(神の使命 500)はこう書いています。「旧約聖書の歴史の中でのイスラエルの国々との区別は、神の使命にとって不可欠でした。 しかし、神の使命は、国家がイスラエルとの団結とアイデンティティに流れ込むにつれて、その区別は最終的に解消されるということでした。 新約聖書の福音だけがそのことを示しています 可能性 起こる。 そして、新約聖書の使命だけがそれを示すでしょう した そして、彼らの採集が完了するまで起こり続けるでしょう。」

神は「普遍主義者」ですか? はい、しかしほとんどの人が私たちの時代にそれを考える方法ではありません。

以下を参照してください。 神の使命特に章14。

それについて話します
  1. このトピックへのあなたの最初の反応は何ですか? 何があなたに飛び出したの?
  2. あなたは天国はどのようなものになると思いますか?
  3. すべての人が天国に行くという考えを思いついた人はどこにいると思いますか。
  4. ローマ人への手紙3:10を読み、聖書が人々について語っていること、そしてなぜ私たちがイエスを必要としているのかを共有してください。
  5. 箴言16:25を読んでください。 真実を共有することになると誠意は十分ですか? 説明しなさい。
  6. John 14:6を読んでください。 イエスは、自分が天国への唯一の道であると主張したときに正しいというのであれば、どういう意味ですか。
  7. 相対主義は、主観的な真理が個人的な意見や主観的な感情に置き換えられることを示唆しています。 このイデオロギーの問題点は何ですか?
  8. 詳細 4:12を演じ、なぜイエスが救いの鍵であるのかを分かち合ってください。
  9. 今日の話題に基づいてとるべきステップはありますか?